課題を絞り込む
123件中 41~50件目を表示

2018-03-20

[ウガンダ] 不十分なメンタルヘルスケア環境

分野・テーマ
保健・医療
地域
サハラ以南アフリカ
ウガンダ
市町村
グル
関連SDGs
ウガンダ北部の都市グルの病院の精神科には医師が1人しかおらず、精神科臨床担当官、看護師、ソーシャルワーカー、カウンセラーなどの医療スタッフの数が不足している。精神薬も不足しており、入院中は薬が飲めても、退院後は薬を入手できないということも多い。

2018-03-19

[中国] エアコンによる電力消費量及び環境負担の削減

分野・テーマ
気候変動 エネルギー
地域
アジア・太洋州諸国
中国
市町村
関連SDGs
中国は2016年度の全世界のエアコン販売数の39.7%(約4億個)を占めており、中国の中流階級に商品として魅力的且つ環境負担の少ないエアコンを提供することが重要となります。

2018-03-16

[インド] 交通マナーが整っていないことによる交通事故のリスクが高い

分野・テーマ
技術教育・職業訓練 インフラ・交通 まちづくり 安全・セキュリティ
地域
アジア・太洋州諸国
インド
市町村
ハイデラバード
関連SDGs
インドのハイデラバードは、急速な経済成長に伴い、自動車の数も増えており、道路の整備も進んでいるが、信号や横断歩道がなかったり、バイクのノーヘルや急な追い越し、Uターン等により交通事故のリスクは高い。

2018-03-15

[タンザニア] 土地を所有していても、法的な所有権を持たない

分野・テーマ
インフラ・交通 まちづくり 安全・セキュリティ
地域
サハラ以南アフリカ
タンザニア
市町村
関連SDGs
タンザニアではほとんどの人が土地の法的な所有権を持っておらず、さらには土地のわずか30%しか地図で整理されていないため、本来所有していた土地を都市開発等に伴って失ってしまうリスクがある。

2018-01-30

[バングラデシュ] 自然災害を原因とする「環境難民」増加の可能性

分野・テーマ
農業・漁業 気候変動 災害 インフラ・交通 まちづくり
地域
アジア・太洋州諸国
バングラデシュ
市町村
ダッカおよび地方部
関連SDGs
デルタ地帯に位置するバングレデシュでは、洪水など自然災害の影響が拡大することが懸念されている。とくに、現在の住まいから立ち退きしなければいけない「環境難民」の増加が懸念されており、その数は、今後5年間で2000万人とも言われている。

2018-01-24

[全世界] 使用済み電気自動車のバッテリーの再利用

分野・テーマ
エネルギー
地域
市町村
全世界
関連SDGs
電気自動車のバッテリーは全体の容量が80%を割り込んだ時点(満タンまで充電して80%しか走れなくなった時点)で交換が必要とされているが、二次電池として再度使用することができる。

2018-01-19

[バングラデシュ] 海洋資源減少と養殖需要に伴う持続不可能な開発

分野・テーマ
海洋
地域
アジア・太洋州諸国
バングラデシュ
市町村
ダッカおよび地方部
関連SDGs
87%もの天然海洋資源が世界中で減少している。2030年には、人口増加に伴い、2億3千2百トンものシーフードが必要とされている。しかし、過剰摂取によりこのままいくと需要に対しての供給が全く追いつかない。それは海洋の生態系を破壊することにも繋がってしまう。こうしたことを背景に、2030年には、全てのシーフードのうち62%は、効率よく魚介類を生産できる養殖になるだろうと言われている。

2018-01-15

[カンボジア] 小規模農家の生産性向上の必要性

分野・テーマ
農業・漁業 技術教育・職業訓練 雇用・労働 金融・保険
地域
アジア・太洋州諸国
カンボジア
市町村
全土
関連SDGs
世界銀行によると、カンボジアの農産業は2004年から2012年にかけて年5%の成長を遂げ、農産物(主に米)の価格や農家の平均収入も上昇していたが、2013年から2014年には成長率が2%に落ち着いている。

2017-12-25

[日本] 膨大な食品廃棄問題

分野・テーマ
農業・漁業 食料・栄養 廃棄物・汚染
地域
アジア・太洋州諸国
日本
市町村
全国
関連SDGs
日本では、食品廃棄物等が年間で2775万トンも生じており、その内本来食べられるにも関わらず廃棄されている食品ロスは621万トンもある。

2017-12-21

[インドネシア] 多様な伝統的食文化の喪失と小規模農家の貧困

分野・テーマ
農業・漁業 食料・栄養 技術教育・職業訓練
地域
アジア・太洋州諸国
インドネシア
市町村
インドネシア全土
関連SDGs
インドネシアは本来多様性に富んだ伝統的食文化を有しているが、近代的なライフスタイルが普及し、大量生産された格安の食材が市場に流入するにつれて、インドネシア固有の伝統食材(米・コーヒー・スパイス・ハーブ・トロピカルフルーツ等)が価格競争に負け、姿を消しつつある。

課題を絞り込む